最新クーポン情報
注目記事
バナー








操縦ライセンス制度

https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1057806

政府がドローンの操縦ライセンス制度を創設する方針を固めたという内容。
つまりドローンが免許制になるかもって話ですね(記事では市街地の目視外限定?)。
現状ドローンを飛ばすのに免許類は不要で、基本的に誰でも飛ばすことができます。
5.8GHz帯をFPVで使うならアマチュア無線免許が必要等はあるものの、目視や2.4GHz帯の物に免許はありません。

ドローンスクールなんかで認定証みたいな物を出してるところもありますが、これも独自に出しているだけの意味のない物(DIPSで入力の手間が少しだけ減りますが)。
飛ばす前に申請とかは必要なものの、ドローンに関して公的な免許は現状では存在しません。
その免許が今後必要になるかもって話です。

免許制度自体を反対するつもりはありませんが、免許制にするなら今の面倒極まりない申請類の数々を見直してほしいものです。
あと試験難しくていいから免許取得者は全国包括申請できるようにってところかな。
現状レース目的(趣味申請)では全国包括不可になっており、どこか飛ばしに行こうにも3週間は前から申請してないと飛ばすこともできません。
新しい場所行く毎に申請書が増えていき、ものすごく無駄に手間だけ増えてるので。

今の制度そのままで免許制度だけ追加するなら、ドローン普及を妨げる障壁がまた増えるだけなのでその辺ちゃんと考えて制度設計してほしいなー。
そのうち免許適用の範囲も広げてきそうですし。
利権増やすだけにならないことを祈るのみです。
関連記事

テーマ : ドローン・マルチコプター
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
プロフィール

ToMo

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
過去ログ

全ての記事を表示する

リンク集
フリーエリア
にほんブログ村 その他趣味ブログ ドローン・UAVへ
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QR