バナー


 
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。
 

操縦ライセンス制度

https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1057806

政府がドローンの操縦ライセンス制度を創設する方針を固めたという内容。
つまりドローンが免許制になるかもって話ですね(記事では市街地の目視外限定?)。
現状ドローンを飛ばすのに免許類は不要で、基本的に誰でも飛ばすことができます。
5.8GHz帯をFPVで使うならアマチュア無線免許が必要等はあるものの、目視や2.4GHz帯の物に免許はありません。

ドローンスクールなんかで認定証みたいな物を出してるところもありますが、これも独自に出しているだけの意味のない物(DIPSで入力の手間が少しだけ減りますが)。
飛ばす前に申請とかは必要なものの、ドローンに関して公的な免許は現状では存在しません。
その免許が今後必要になるかもって話です。

免許制度自体を反対するつもりはありませんが、免許制にするなら今の面倒極まりない申請類の数々を見直してほしいものです。
あと試験難しくていいから免許取得者は全国包括申請できるようにってところかな。
現状レース目的(趣味申請)では全国包括不可になっており、どこか飛ばしに行こうにも3週間は前から申請してないと飛ばすこともできません。
新しい場所行く毎に申請書が増えていき、ものすごく無駄に手間だけ増えてるので。

今の制度そのままで免許制度だけ追加するなら、ドローン普及を妨げる障壁がまた増えるだけなのでその辺ちゃんと考えて制度設計してほしいなー。
そのうち免許適用の範囲も広げてきそうですし。
利権増やすだけにならないことを祈るのみです。

テーマ : ドローン・マルチコプター
ジャンル : 趣味・実用

JDL2020 Round3

6月7日に開催予定のJDL2020 Round3の申し込みページが公開されました。
申し込み受け付け開始は4月8日21時から。

Peatix 申し込みサイト

が、流石に今回は申し込みパスします。
一ヶ月前なら悩んでるとこですが、日に日にコロナが感染拡大してる今の状況で申し込む勇気は無し。
いくら屋外イベントとは言ってもそれなりの人数集まってピット席とか濃厚接触しまくりですからね。
自分が感染するのが怖いのはもちろん、大会前に感染して潜伏期間に周り巻き込んでばらまくってのが一番怖いので。

Round2もあと一ヶ月で状況が急激に好転したとかでなければ欠席する予定です。
まだRound2に関して開催どうなるかアナウンスは無いのでキャンセルはもう少し待ちかな。

テーマ : ドローン・マルチコプター
ジャンル : 趣味・実用

Banggoodクーポン情報(2020/04/03)

Banggoodの担当者さんからいただいたクーポン情報をご紹介、4月3日版。
スプリングセールの続きです。
今回のクーポン期限は4月10日まで。

緑ライン

iFlight Nazgul5 227mm 4S 5インチFPVレーシングドローンBNF / PNP SucceX-E F4 Caddx Ratelカメラ45A BLheli_S ESC 2207 2750KVモーター


■クーポンコード「BGJPIFNA」で181.31ドルに■
期限:10点限定品

緑ライン

Eachine LAL5 225mm 5インチ4K 6S FPVレーシングドローンPNP F405 Bluetooth FC Caddx Tarsier V2カム2507 1850KV 50A Blheli_32 3-6S 5.8Ghz 25-800mW VTX


■クーポンコード「BGJPEALA5」で200.49ドルに■
期限:10点限定品

緑ライン

Eachine LAL5.1 225mm 4K 5.1インチ4S FPVレーシングドローンPNP F405 Bluetooth FC Caddx Tarsier V2カム2507 2600KV 50A Blheli_32 5.8Ghz 25-800mW VTX


■クーポンコード「BGJPEALA51」で194.65ドルに■
期限:10点限定品

緑ライン

Eachine Novice-III 135mm 2-3S 3 Inch FPV Racing Drone RTF&Fly more w / 5.8G 40CH EV800ゴーグル2.4G ER8トランスミッター


■クーポンコード「PRO」で224.99ドルに■
期限:4月10日

緑ライン

Eachine E58 WIFI FPV  2MP 広角カメラ付き ハイ ホールド モード 折りたたみ式 RCドローン クワッドコプター RTF


■クーポンコード「PRO」で47.99ドルに■
期限:4月10日

緑ライン

Eachine   US65 UK65  65mm フープ FPVレーシング ドローン BNF Crazybee F3  フライト コントローラ  OSD 6A Blheli_S ESC


■クーポンコード「PRO」で69ドルに■
期限:4月10日

緑ライン

Foxeer Wildfire 5.8GHz 72CHデュアルレシーバーOLED地上局モジュールサポートFatshark FPVゴーグル用OSDファームウェアアップデート


■クーポンコード「BGJPFOX」で79ドルに■
期限:10点限定品

緑ライン

Eachine EV300D 1280 * 960 5.8G 72CHデュアルトゥルーダイバーシティHDMI FPVゴーグル内蔵DVR焦点距離は充電式バッテリーケースで調整可能


■クーポンコード「BGJPEV300D」で285.99ドルに■
期限:10点限定品

緑ライン

ImmersionRC RapidFIRE w /アナログPLUSゴーグルFPVレシーバダイバーシティモジュール


■クーポンコード「BGJPIMRC91」で134ドルに■
期限:10点限定品

緑ライン

Skyzone SKY03O Oled / SKY03S 5.8GHz 48CH多様性FPVゴーグルサポートOSD DVR HDMIヘッドラッカーファンLED付きRCレーシングドローン


■クーポンコード「PRO」で399.9ドルに■
期限:4月10日

緑ライン

Eachine  EV800D 5.8G 40CH ダイバーシティ FPVゴーグル 5インチ 800 * 480 ビデオ ヘッドセット HD DVR バッテリー内蔵


■クーポンコード「PRO」で89.9ドルに■
期限:4月10日

緑ライン

ImmersionRC PowerPlay-FPV DVRモジュール(h264、60fps)FatShark FPVゴーグルドミネーター用内蔵バッテリー


■クーポンコード「BGJPIMRC3V」で80ドルに■
期限:10点限定品

テーマ : ドローン・マルチコプター
ジャンル : 趣味・実用

FPVカメラ比較

昨年からずっと悩んできたのがFPVカメラの画質。
最初の5インチ機ではレーサーがみんな使ってるとのことでFoxeer Predator 3 Miniを選びました。
その後フレームを替えることになりましたが、最近はMiniサイズ(22mm幅)カメラ非対応でMicroサイズ(19mm幅)にしか対応してないフレームばかり。
そこで仕方なくMicroサイズ後継機のFoxeer Predator 4 Microを使っています。

しかし画質が悪い。
特に枯れ草や地面などの白から薄茶系の場面が凄く荒くて、ゲートやポールが粗さに紛れてとても見辛くなってしまいます。
スカイグラウンドのレースでも二段櫓のポールがスピードかなり落とさないと見えず、みんなどうやってクリアしてるんだろうと不思議に思ってました。

先日のROBOZレースも枯れ草混じりの地面で、特に上からゲートを見下ろすと地面の粗さに紛れてゲートが非常に見辛い。
操作しきれないからではなくゲートを見るためにスピードを落とす必要があって悩んでました。
そんな時にY崎さんがFoxeer Micro PredatorよりCaddx Ratelの方が良いとアドバイスをくれたのでDVR録画させてもらいました。



左がY崎さんのCaddx Ratel、右が私のFoxeer Predator 4 Micro。
DVRは同じ物で録画してます。
地面の粗さの差は明らかでCaddx Ratelの方はゲートやポールが地面の粗さに紛れて見辛いってことが少ないですね。
DVR映像以上にゴーグルで見た時の差は大きくて、こんなんずるいやん!と驚きました。

ただし全体的な鮮やかさや草地に関してはFoxeer Predator 4 Microの方が見やすい気がします。
緑の芝生の上ならFoxeer Predator 4 Microの方が有利なのかもしれません。
前回のスカイグラウンドでも冬で枯れた芝に二段櫓のポールが重なるので見えなかったのかも。
なんでこんなに枯れ草地面荒くなるんだろう・・・。

今回のROBOZレースでなら間違いなくCaddx Ratelに乗り換えですが、コースというか地面の状態によって差が出るなら悩みところです。
あとCaddx Ratelは暗い所での性能も抜群だそうです。
とにかく枯れ草地面でのFoxeer Predator 4 Microはもうコリゴリなので、他にもおすすめのFPVカメラありましたら教えてください!

caddxratel.jpg

テーマ : ドローン・マルチコプター
ジャンル : 趣味・実用

mobula6メイデンフライト

ようやくmonula6のテスト飛行ができました。
私はTinyに関しては全くの素人です。
ドローンを始めた2年前に少しだけ触ったことありますが、当時の6mmブラシTinyはとても非力でターンの度にへろへろと高度が下がったりしてつまらないので、すぐ辞めてしまい屋外機専門になってました。

あれから2年ちょっと、Tinyの進化っぷりを体験するためにようやくmobula6テスト飛行です。
下の動画はメイデンフライトでバッテリー2本目と3本目の映像。
バッテリーも付属のバッテリーです。
激しく振動出てますがTinyのPID設定判らず調整できてないのでそこは無視してください。



ほぼ未経験のTinyをいきなり飛ばしてこの飛びっぷり。
65mmTinyもここまで進化してたのかと驚きです。
TinyだけどAngleモードはほとんど経験ないのでいつも通りAcroモード。
パワー不足を補うTiny特有の飛行方法とかは全く知らず、5インチ機を飛ばす感覚で飛ばしてるのにきっちり飛んでくれました。

風も2m/sとそこそこ風を感じるぐらいの屋外飛行なのに風に負けてません。
これだけ飛べるならTinyも面白いですねー。
動画の3分30秒ぐらいの所で使ってますけどタートルモードもちゃんと使えて楽ちん。

この場所は住宅街にある畑なので5インチは論外、U199でも危なくて飛ばせない場所なのですが20グラムちょっとのmobula6なら気軽に飛ばせます。
5インチ練習場所の無い私にこれはありがたい。
Tinyに対するイメージをガラッと変えてくれました。

テーマ : ドローン・マルチコプター
ジャンル : 趣味・実用

中国通販の発送状況

1月の春節休みからコロナへと続いて発送が異常に遅れていた中国通販。
最近注文した商品について発送状況を書いておきます。

Banggood: 発送まで5日、発送してから10日目に到着
Aliexpress: 発送まで6日、発送してから13日目に到着

中国からの荷物は念の為アルコールスプレーかけてから触るようにしてます。
発送までやや日数かかったものの、発送されれば以前と同じか少し遅い程度で到着するようになってますね。
やっと中国の物流が回復してきた感じです。

ただし、Banggoodについては在庫切れの商品がかなり多くなってます。
在庫の無い商品は入荷予定日書いてあっても延長ばかりで全くあてになりません。
今は在庫のある商品以外は購入しない方が良さそうです。
まぁ在庫ありの表示でも買った後から在庫無いって連絡きたりするんですけどね・・・。

あとバッテリー類もまた日本へ発送不可になってます。
Aliexpressは発送してるものの、以前より条件が厳しくなってます。
配送業者が変わったりしてるのかな?
バッテリーは買える時に買っておけってのがドローン界の鉄則。

テーマ : ドローン・マルチコプター
ジャンル : 趣味・実用

緊急事態宣言

私の住んでいる愛知県でも緊急事態宣言が出ました。
国から出ているものとは違い県独自のものですが内容は似たようなもの。
これに併せてブログの更新ペースも落としたいと思います。

ぶっちゃけてしまえばネタが無いので。
元々場所がなくて練習できない上に、当面はドローンレース開催も厳しいでしょうから。
コロナ騒動が落ち着くまで、も1つ言えば練習場所が見つかるまで大人しくしてます。

テーマ : ドローン・マルチコプター
ジャンル : 趣味・実用

mobula6レビュー

mobula6_00_20200405195649686.jpg

発売から結構経ってますがようやく記事を書けました。
昨年12月に発売されてから大人気の1sブラシレスwhoop「mobula6」です。
ブラシレス可のTinyレースなんかも最近はmobula6かmeteor65が主流となってますね。

注目度が高く一次ロットはあっという間に完売。
その後春節やらコロナやらの影響で入手が遅れに遅れてました。
現在では日本のショップでも買えるようになり、系統図も先月辺りから入手できるようになってきました。
価格も1万円以下と手頃で、これからTinyレースに挑戦していきたい人には有力候補になる機体です。

mobula6_01.jpg

パッケージの中身。
機体にバッテリーが4本、USB充電器に予備ペラが入っています。
バッテリーが最初から4本も付属してるってのはありがたい!
プロポとゴーグルを用意できれば必要な物は一式揃いますね。

mobula6_02_20200405195652458.jpg

機体写真。
普通に65mmのwhoop機です。
これでブラシレスモーター搭載だってんだからドローンの進化は凄まじいですね。
機体重量は20gほどと超軽量ですが、キャノピーはかなりがっちりしててそう簡単に割れそうにないです。
Tinyのキャノピーはすぐ割れるというイメージが払拭されました。

mobula6_03.jpg

ブラシレスwhoopである証拠。
0802のブラシレスモーターです。
シャフト径は1mm。

購入時に19000kvのノーマルエディションと25000kvのレースエディションから選ぶ形になります。
私は25000kvを選択しました。
レースや屋外も使うなら25000kv、初心者だったり狭い屋内メインなら19000kvがいいのかな?
19000kvは試せてないので判りませんが、25000kvはTinyとは思えないパワフルさで、懸念していた飛行時間も後述の方法であまり気にならなくなるので個人的には25000kvをお勧めしたいです。

私の機体にはファームとしてBetaflightの3.57が入っていました。
mobula6はFCにCRAZYBEE F4 Liteを搭載しているので、利便性が高くRPMフィルターなども使える4.1以降を入れた方が良さそうです。
というわけで届いてすぐBetaflight4.13に更新しました。

この機体は受信機がFCに内蔵されています。
そのため購入時に受信機を選択するのですがFlyskyかFrskyしか選べません。
私はFutabaプロポのためこのままでは使用不可・・・なのですがご存じの方も多いでしょう、FrskyとFutabaのS-FHSSは同じチップが使用されているためFrskyを選択しておけばFutabaのS-FHSSでBindできるようになります。

mobula6_05.jpg

以前は専用ファームを入れたりCLIでコマンド入力が必要でしたが、Betaflightを4.1以降に更新した場合Bind作業もとても簡単になります。
基本設定タブの受信機の所で受信機モードを「SPI受信サポート」、SPIバス受信プロトコルを「SFHSS」に設定するだけ。
これだけでFrsky受信機をFutabaプロポで使えるようになります。
バッテリー初接続時にプロポの電源入れればそのままBindしてくれると思いますが、上手くいかない時はFC裏面のBindボタンを長押ししてみてください。

フライトテスト前にもう一点、ESCのファームウェアも更新しておきました。
mobula6は当初バッテリー持続時間が短いという欠点があったのですが、先人達の知恵でPWM Frequencyを48kHzにすることでフライト時間を伸ばせることが判明。
というわけでこちらもフライトテスト前に設定してしまいます。

5インチ機でよく使われるBLHeli32なら設定でPWM Frequency 48kHzにすることができるのは周知の事実。
私もBLHeli32の5インチ機は全部48kHzにしてます。
しかしmobula6のESCファームウェアはBLHeli_Sでして、こちらの場合は設定で変更することができません。
そのため48kHz対応のファームウェアに更新する必要があります。

mobula6_04.jpg

選択肢としてはBLHeli_Sの48kHz対応ファームを使うか、JESCの48kHz対応ファームを使うか。
BLHeli_Sの方はRPMフィルターも無料で使えるので最初はこちらを入れました。
が、飛行テストしてみると電圧が下がった時にESCがリセットかかるような挙動をして上手くいかなかったので断念。
今回はJESCの48kHz対応ファームにしました。

一通り設定をしたら早速飛行テストです。
実を言うと私はTinyの飛行に関しては全くの素人です。
ドローンを始めた2年前に少しだけ触ったことありますが、当時の6mmブラシTinyはとても非力でターンの度にへろへろと高度が下がったりしてつまらないので、すぐ辞めてしまい屋外機専門になってました。

あれから2年ちょっと、Tinyの進化っぷりを体験する時が来ました。
下の動画はメイデンフライトでバッテリー2本目と3本目の映像。
バッテリーも付属のバッテリーです。
激しく振動出てますがTinyのPID設定判らず調整できてないのでそこは無視してください。



ほぼ未経験のTinyをいきなり飛ばしてこの飛びっぷり。
65mmTinyもここまで進化してたのかと驚きです。
TinyだけどAngleモードはほとんど経験ないのでいつも通りAcroモード。
パワー不足を補うTiny特有の飛行方法とかは全く知らず、5インチ機を飛ばす感覚で飛ばしてるのにきっちり飛んでくれました。

風も2m/sとそこそこ風を感じるぐらいの屋外飛行なのに風に負けてません。
これだけ飛べるならTinyも面白いですねー。
動画の3分30秒ぐらいの所で使ってますけどタートルモードもちゃんと使えて楽ちん。

バッテリーの電圧表示もずれてたので2分40秒ほどで降ろしましたが、着陸後電圧測ったらこの時点でまだ3.70V残ってました。
もう1分弱は飛べそうかな?
屋外でスロットル100%入れたりしても充分楽しめますね。
これがESCファームウェアを48kHz対応版にした効果でしょうか。

値段も手頃でTinyに対するイメージをガラッと変えてくれたmobula6。
Tinyレース参加を目指すならもちろんのこと、気軽な屋内フライトや風が弱めな時の屋外フライトまで手軽にこなせる遊び道具としておすすめの機体です。
以上、1sブラシレスwhoop mobula6のレビューでした。

mobula6_00_20200405195649686.jpg

テーマ : ドローン・マルチコプター
ジャンル : 趣味・実用

Banggoodクーポン情報(2020/04/17)

Banggoodの担当者さんからいただいたクーポン情報をご紹介、4月17日版。
また配送業者が限られているのか現時点で日本配送不可になってる物があるのでご注意を。

緑ライン

Eachine TRASHCAN 75mm Crazybee F4 PRO OSD 2SフープFPVレーシングドローンCaddx Eos2調整可能カメラ25 / 200mW VTX


■クーポンコード「PRO」で94ドルに■
期限:限定無し

緑ライン

Eachine   US65 UK65  65mm フープ FPVレーシング ドローン BNF Crazybee F3  フライト コントローラ  OSD 6A Blheli_S ESC


■クーポンコード「PRO」で69.99ドルに■
期限:限定無し

緑ライン

Eachine RedDevil V2 105mm 2-3S FPV Racing Drone Whoop PNP / BNF Crazybee F4 PRO Caddx EOS2 5.8G 25〜200mW Nano VTX


■クーポンコード「PRO」で78.99ドルに■
期限:限定無し

緑ライン

URUAV UR85 / UR85HD BUSHIDO 85mm Crazybee F4 PRO 2-3SフープシネフープFPVレーシングドローンOSD 5.8G 25〜200mW VTX(28%OFF:28rc)


■クーポンコード「BGJP32526」で76ドルに■
期限:50点限定品

緑ライン

Emax Tinyhawk屋内FPVレーシングドローンBNF RTF F4 4in1 3A 15000KV 37CH 25mW 600TVL VTX 1S


■クーポンコード「BGJP61759」で80.99ドルに■
期限:20点限定品

緑ライン

EMAX Tinyhawk II 75mm 1-2S Whoop FPV Racing Drone BNF FrSky D8 Runcam Nano2 Cam 25/100 / 200mw VTX 5A Blheli_S ESC


■クーポンコード「BGJP27902」で102.98ドルに■
期限:10点限定品

緑ライン

アップグレードHappymodel Mobula7 HD 2-3 S 75mm Crazybee F4 Pro CineWhoop FPVレーシングドローンPNP BNF w / CADDXカメV2


■クーポンコード「BGJP29362」で145ドルに■
期限:10点限定品

緑ライン

Eachine TX06 700TVL FOV 120 Degree 5.8Ghz 48CH Smart Audio Mini FPV Camera Support Pitmode AIO Transmitter For RC Drone Tiny Whoop


■クーポンコード「PRO」で10.99ドルに■
期限:限定無し

緑ライン

Happymodel Mobula7の部品のアップグレードM7FRAME V2 RCドローンのための75ミリメートルブラシレス小さなフープフレームキット


■クーポンコード「BGJP93375」で3.67ドルに■
期限:10点限定品

緑ライン

20PCS 31mm 4翼プロペラ、キングコン/ LDARC TINY 6 6X小型フープEachine E010 E010C E010SブレードInductrix RCクアドコプター


■クーポンコード「BGJP84537」で5.56ドルに■
期限:10点限定品

緑ライン

Eachine E010 E010C E010S RCクワッドローター  スペア パーツフレーム Blade Inductrix Tiny Whoop用


■クーポンコード「BGJP54000」で2.98ドルに■
期限:10点限定品

緑ライン

Eachine US65 UK65 IT65 FR65 ES65 DE65 65mmホイールベースフープFPVレーシングフレームキット3.6g


■クーポンコード「BGJP94132」で3.76ドルに■
期限:200点限定品

緑ライン

Eachine  Beecore アップグレード V2.0 Brushed F3+OSD フライト コントロール ボード  Inductrix Tiny Whoop E010 E010S用


■クーポンコード「BGJP92362」で21.99ドルに■
期限:50点限定品

緑ライン

ISDT Q6 Nano 1-6S Lipoバッテリー用BattGo 200W 8A Colorfulポケットバッテリーバランス充電器


■クーポンコード「BGQ6NanoJP」で27.59ドルに■
期限:100点限定品

テーマ : ドローン・マルチコプター
ジャンル : 趣味・実用

レース各種中止

コロナによる外出自粛でドローンから遠ざかってる中、やはり参加予定していたレース各種が中止になりました。

・5月9日10日 JDL Round2 ※中止
Round1に続きRound2も中止となりました。
開催場所が判明してるRoundでは恐らくこのRound2しか参加できそうになかったので、今年はJDL不参加で終わるかもしれないですねぇ。
まだ未定のRound6、Round7がどこになるか次第です。
ちなみにRound3も募集終わりましたが、いつも即売り切れになる関東近辺(福島ですが)なのにチケット売れ残ってたみたい。

・6月20日21日 スカイグラウンド第11回レース ※中止
スカイグラウンドで年3回行われているこちらも6月大会は中止。
これで10月まで半年空くことが決定しました。
疑惑の判定で泣かされた前回の雪辱を晴らしたかったけど当分お預けです。

その他にもこの時期いつもならよく参加してるROBOZさんでも、今のところレース開催告知は無し。
岐阜県も特定警戒地域に指定されてるぐらいだから仕方ないですね。
ただでさえ大会参加以外飛ばす機会が無いのに、大会も無いとなるとドローンの飛ばし方忘れそうです。

飛ばせないなら今のうちに組み立てでもするかーと思うも、パーツの入荷も最近怪しくなってるようで。
中国での配送が止まってるわけではなく、今回は日本へ入る所がネックになってるぽい?
配送ルートによってはまた大幅に遅れが出ているので注意が必要です。

Banggoodではバッテリーが購入できなくなっただけでなく、バッテリーが含まれる機体もことごとく購入不可に。
バッテリーの輸入規制が一段と厳しくなったんですかねぇ?
どちらにせよ飛ばしにいけない現状ですが、海外からのバッテリー購入も当面期待できなさそうです。

テーマ : ドローン・マルチコプター
ジャンル : 趣味・実用

ブログ内検索
プロフィール

ToMo

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
過去ログ

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR